おうちに置かれている飲まれないままのワインボトル。
誰かに記念にもらったまま、自分達が飲まないのでそっと片隅に置き去りにされているということって、実は思いのほか結構あることじゃないかなと思います。


自分達がお酒を飲まなければ、そのワインは捨てるか誰かにあげるしかない…というように考えてしまいそうなところですが、ここはちょっと待ってください!
実は、ワインって買取り専門の業者に買取りを依頼することができるのを、ご存知でしょうか。


全然気にしていなかったようなお酒が、思いのほか高額で買取りされる、ということもワインに関しては結構あるものです。


そこで、今回は家で眠ったままになっているワインをうまく買取ってもらうためにはどうすればいいのか。
それらの方法をちょっとまとめてみたいと思います。

何はともあれ一番気になるのは買取金額!?

さて、ワインが売れると聞いた皆さんは次に”幾らぐらいの金額で売る事ができるのか”ということで頭がいっぱいになってきたのではないでしょうか。
もしあなたの自宅に沢山ワインが眠っていたとすれば、今まさに期待で胸が高まっているかもしれませんね。

さて、それは早速本題に入っていこうと思うのですが、買取りの金額を知るためには査定というものに出さなければいけません
しかし、これは必ずしもお店に持って行く必要はないのです。
最近では査定の方法も色々と増えてきており、例えばオンラインでちょっとしたフォームに必要な情報を入力するだけで、大体の買取り金額が分かったりもします。

もう少し具体的に金額を知りたければ、ワイン買取り専門店に電話で査定を依頼するというのも一つですね。
直ぐに繋がりますので、早く、そしてかなり正確に買取り金額を知る事が出来ます。

今ではインターネットで検索するだけでも、色々なワイン買取り専門店がすぐに出てきますので、まずは一度試しにオンライン査定の見積もりをとってみるのがいいでしょう。
ワイン買取コンシェルジュ⇒https://www.wine-concier.com/

査定に出すと同時に気にして頂きたい保管状態

実はワインって、みなさまが思っている以上に繊細な飲み物です。
保管状態が悪いとコルクやラベルが破損してしまったり、色々な事態が発生してしまうことも考えられます。

もしあなたが買取りを検討したいワインが出て来たとすれば、一番最初にしていただきたいのが劣化していないか賞味期限等は切れていないかをチェックしてほしいということです。
基本的にワインには賞味期限は書かれていないので大丈夫かと思いますが、劣化に関しては”保管状態によっては”著しく品質が損なわれてしまう場合もあります。

まずは見た目に変な所がないか、一度確認をした上で、日光の当たらない涼しい場所での保管をお願いします。
保管状態さえ良ければ高額買取も狙えるワイン、ぜひ大事にしておきたいものですね。

ワインを買い取ってもらうための最低条件

 

ワイン買取りに関しては、他の商品を買取ってもらったりするのとは異なり、独自の気を付けておいた方がいいポイントというものがあります。


ワインに詳しい方にとっては当たり前のような話ばかりをしてしまうかもしれませんが、これからワインを買取ってもらおうとする初心者の皆様にはきっとお役立ちの情報になると思いますので、ぜひぜひ最後までしっかりとご覧くださいませ。

気を付けたいポイントその1「未開封かどうか」

これは当たり前と言えば当たり前なのですが、買取りを依頼しようとしているワインが未開封の状態であるかどうかは、あらかじめしっかりと確認しておいてください。
中には、開けておいて買取りを依頼してしまったというパターンもあるのです。


もちろん、開封されていれば買取り自体が拒否されてしまいますので、依頼した分だけ時間がムダになってしまいます。
幾らほかの条件をクリアしていても、どうにもならない問題ですので、特にたくさんワインを売りたい時には焦らず確認をしておきましょう。

 

気を付けたいポイントその2「賞味期限は大丈夫か」

ワインに関して言えば、日本で言う賞味期限とちょっと考え方が異なる部分があるため、基本的には賞味期限の記載等はありません


しかし、中にはそういったものが記載されているものもあります。
なので、もし買取りを依頼するのであれば”念のために”確認をしておいた方がいいでしょう。

 
画像引用元:https://sakidori.co/article/91926

気を付けたいポイントその3「破損はないか」

そのまま家に置いてあったりした場合、気になるのは瓶やコルクに破損がないか。
中で液漏れなどが起きていないか、ラベルが汚れていないかなどのポイントです。
こういった破損があるとそれだけ査定金額に大幅に響いてしまいます
もしワインの買取りを考えるのなら、あらかじめ押さえておきたい部分とも言えるでしょう。

気を付けたいポイントその4「付属品はどうなっているか」

最後に気を付けたいのがこれ、付属品はあるかどうかです。
高価な買取り対象になっているようなものだと、何かしら保管するためのパッケージであったり、冊子、ギャランティーなどが付属していることも少なくありません。


未開封のまま保存されているのであれば大抵はお箱に入ったまま、という気がしますが、中には”箱は邪魔だから中身だけ置いておこう”みたいな場合もあります。
こういった付属品の有無によっても、買取り金額が大幅に変わってしまいますので、注意をしておきたいところです。

 
画像引用元:https://www.stock-lab.com/osake-kaitori/column/129/

ワイン買取り利用でお小遣いかせぎをしよう!

ケンタくん

ジローさんってワインに詳しかったですよね?

ジローさん

詳しいというほどではないけど、ワインについて知りたいことがあるの?

ケンタくん

ワインの買取について聞きたくて。
家に何本かワインがあるんですけど、最近ワインを買い取ってくれるサイトの存在を知ったんです。
そういうの利用したことがないから実際どうなのかな?と思って。

ジローさん

ああ、ワインの買取ね。
利用したことがない人は不安に思うかもしれないけど、ちゃんとした業者ばっかりだから大丈夫だよ。
とりあえず査定してもらったら?

ケンタくん

査定とかってどうやるんですかね?

ジローさん

方法はいろいろあるよ。
サイトや業者によっても違うけど、例えば写真を撮ってメールに添付するとか、画像をサイト上にアップロードするとか。
あとは電話でワインの銘柄とか生産年とかを伝えて、大体の価格を教えてもらったりとかだね。

ケンタくん

意外と気軽な感じでできそうですね。
ワインの買取をしている業者ってかなり多いみたいですけど、選び方のコツとかってありますか?

ジローさん

ワインの買取に力を入れてるところがいいんじゃない?
中にはワインの買取に特化した業者とかもあるよ。

ケンタくん

ワインの買取専門サイトなら確かに信頼できそうですね!

ジローさん

でも、少しでも高く買い取ってもらいたいなら、いくつものワイン業者に査定を依頼して比較することかな。
同じワインでも業者によって買取価格は違うから、より高い査定額をつけてくれたところに売れば間違いないよ。

ケンタくん

え?査定してもらったのに、やっぱやめまーす!とか言えるんですか?

ジローさん

うん、全然問題ない。
査定は査定だし、そのための手数料もかからないよ。
そんなのでお金取ったり、査定=買取とかにしちゃったら、みんなビクビクしちゃって誰もお酒持ってきてくれなくなっちゃうでしょ?

ケンタくん

そうか、なるほど、確かにそうですね。
そもそもワインって高く買い取ってもらえるものなんですかね?

ジローさん

それは銘柄と生産年によるよ。
ロマネ・コンティだったら100万円に迫る価格で買い取ってもらえるものもあるし、ボルドーワインも、銘柄によっては20万とか30万円とかするしね。
ワイン買取り時に高額が確定しているような高級ワインなんて6、7万したりするんだよ。

ケンタくん

そんなに!?じゃあ、僕のワインももしかしたら…?

ジローさん

まさかロマネ・コンティじゃないよね?

ケンタくん

はい、違います。
だいぶ前に数万円で買ったものと、誕生日プレゼントにもらったものなど数本。
でもお小遣い程度になればOKかなって思ってます。

ジローさん

数万円で買ったものなら、もしかしたら1万円くらいにはなるかもね。
流通価格の3割から5割くらいが買取価格の相場だから。

ケンタくん

それは嬉しい!十分です!
じゃあ、早速片っ端から査定してもらうことにします!