ワイン買取りを考えている皆さん、あなたが持っているそのワインは一体どの程度の金額でやり取りがされているのか、その相場についてはもうお調べになられたのでしょうか。


ワインなどのお酒を買取りに依頼する際には、できるだけ幾つかの業者に買取り査定をお願いするのがベターだと言われています。
その理由は簡単で、質の悪い業者は高価なワインを安価で買取るようなことがあるからです。


その点、あらかじめ幾つかの業者にしっかりと相見積もりを取っておけば、なかなか不当な値段で買取られてしまうようなリスクを減少させることができるのです。


さて、それでは皆さんもご存知のような高級ブランドワイン
こういった人気のワインが一体どのような買取額で取引をされているのか、その相場について簡単にご紹介をしていきたいと思います。

高級ブランドの買取相場などについて

ブランドごとの詳細については、次以降にまとめていきたいと思いますので、まずは皆さんに人気のワインがどのような買取金額でやりとりをされているのかということについて、簡単にご説明していきましょう。

ワインというと実は投機の対象にもなるほどのもの、特に人気のないハウスワインなどに価値がつくことはそうそうありませんが、数十年と熟成させるタイプのワインに関しては、数十万〜百万円以上の値段がついてしまうことも、決して少なくありません。
もちろん、ヴィンテージかつ”当たり年のもの”にある程度限定はされてきます。

しかし、それでも1本のワインがちょっと人気が高いというだけで、実に恐ろしいほどの金額がついてくるのですから、ちょっと驚きですよね。
ちなみに、もっとも高い金額つきやすいのはフランス産の高級ワインである「ボルドーワイン」あるいは「ブルゴーニュワイン」となります。

画像引用元:http://www.suntory.co.jp/news/2014/11988.html

これらは長期に渡って状態を維持したまま保存されていると、その味わいが豊かになることが多いとされており、そういった性質から高い価格で買取をしてもらえることが予想されます。
特に、それらの中でもボルドーワインの5大銘柄は特に高い金額でやりとりがされています。

また、年間数千本程度しか生産されない「ロマネコンティ」に関しては、販売価格事自体が100万円を超えるものもありますので、買取価格はかなり跳ね上がってくるのです。
このように、高級ブランドのワインというのは、ある意味青天井とも言える様な世界ですので、騙されたりしないよう、しっかりと相場等をご自身で把握されることも大切だと言えます。