ワインを高額で買取ってほしい!
飲まずにワインを眠らせてしまっている皆さんからは、こんな声が聞こえてくるのも当然ですよね。
先ほども見積もりの重要性について述べましたが、今度は基本的なテクニックをご紹介していきたいと思います。


手元にあるワインをどうすればできるだけ高額で買取ってもらえるのか、その秘密は実は意外なところにあるんですよ!

高額買取りを狙う秘訣、保存状態を厳しくチェックする

ワイン買取りでは、まず状態を確認するために査定が入ることになります。
貴重な銘柄なので○○円ですというわけにはやっぱりいかないんですね。
この、ワインの査定に関して言えばおおよそ5点のポイントが買取りの際に重要になってきます。

まずは①ラベルの状態ですね。
特に高価買取りの対象になっているようなワインの多くは年代ものです。
なので、よくみてみるとラベルがはがれてしまっていたり、中には汚れてしまっているものも点、ヴィンテージと呼ばれる様なワインの多くは既にラベルが薄くなっていることが多いものですが、あまりにも汚れなどがひどいと、どうしても買取価格に影響が出てしまいますので、注意が必要です。

また、②コルクの状態についてもみておいてくださいね。
劣化があまりにも酷いと、それだけでも査定額が大幅に減額となってしまいます。
逆に言えば、幾つかの店舗を回ればその金額に差がでやすいとも言えますので、こういった場合には確実に複数のお店で見積もりをとるというテクニックが活躍するでしょう。

さて、その他のポイントで言えば③付属品となる元の箱がついているかどうか、④銘柄は何か、⑤ヴィンテージはどうなっているか、このような点が概ね査定の対象となるものです。
自分でコントロールできるのは、付属品の有無や保管に関して、でしょうか。

いずれにせよ、こういった部分で査定金額があがったり、さがったするのがワインの特徴ですので、査定額に納得がいかない場合は何度も言いますが”相見積もり”が特にお勧めです。

画像引用元:http://www.delivery-wine.net/wc/

高額買取りを狙う秘訣、需要の高まる季節を狙う

そもそもワインには、それぞれ適した熟成期間というものがあります。
熟成期間を熟知しているひとは、もっとも美味しくなるであろう時期に高額で売っているのです。

これを素人の方が行うのは難しいのですが、かわりの方法として”需要が高まるシーズンに販売する”ことを一つの目安として行うことをお勧めします。
具体的に言うと、例えばクリスマスシーズンにはおうちで素敵なワインを飲もうということになりますよね。
つまり、需要が高まるシーズンということです。
このような時期には在庫も動きやすくなっていますので、必然的に買取りの相場が上昇します。

こういったシーズンをしっかりとあらかじめ把握しておけば、より高い価格で買取ってもらうことができるのではないでしょうか。