先ほどは、高級ブランドのワインには一体どの程度の金額つくのか、そういったことについて少しまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。
高級ワインが高いということについては、なんとなく皆さんも知っていると思います。


でも、実際にはどの程度の金額でやり取りされているのか、そこまではあまり知らない方が多いのではないでしょうか。
さて、今回は前回に引き続きワイン買取りについて、”高価買取りされている”代表的なワインを具体的にご紹介していきたいと思います。

1、5大シャトー

皆さんは5大シャトーとは具体的にどのような銘柄か、ご存知でしょうか。
これらはそもそも1855年に開催されました、パリの万国博覧会にて格付けされた4つのシャトー(ワイン醸造所)。
シャトー・ラフィット・ロートシルト
シャトー・マルゴー
シャトー・ラトゥール
シャトー・オー・ブリオン

さらに、後年新たに加えられた下記をプラスした5つのことを指します。
シャトー・ムートン・ロートシルト

これらはどこのお酒買取り専門店においても、充分な高値で取引がされています。
大体は安い物で25000円以上、シャトー・ラフィット・ロートシルト2005になれば、その買取価格は7万円を超えてきます

画像引用元:http://www.bike4peace.org/

2、ドンペリニョン

これも皆さん、きっとご存知だと思います。
かの有名なシャンパン、ドンペリのことですね。
正式名称はドン・ペリニヨンというもので、フランスのモエ・エ・シャンドン社が作っているシャンパンの銘柄となります。

日本でよく聞くドンペリという単語ですが、これは基本的に日本国内における通称という感じですので、注意が必要かもしれません。
ドンペリに関しては、白、ロゼ、ルミナス、エノテークプラチナなどの種類があり、もっとも安価なもので8000円程度から。
高価なものになると7万円以上の”買取価格”となっています。

もし手元にあるものが白やロゼでなかったとすれば、ある程度高額で買取ってもらえる可能性が高いので、しっかりと相場をチェックしておいた方がいいでしょう。

画像引用元:https://www.pen-online.jp/feature/food/dom_perignon_p2/1/

3、クリュッグ

これは今現在で6種類が販売されています。
買取り価格に関しては、それぞれの種類によって異なってきますが、もっともお安いクリュッググランキュヴェでおよそ1万円前後の価格。
ヴィンテージであるクリュッグ クロ・デュ・メニル1995にもなってきますと、その買取最高価格は6万円を超える金額となってきます。

画像引用元:https://forbesjapan.com/articles/detail/11143